メニュー

いけだ整形外科,港北区,整形外科 | 診療内容

〒222-0001 神奈川県横浜市港北区樽町2-6-40 T-PLATZ 2階

TEL 045-533-6260

整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科

いけだ整形外科

いけだ整形外科

診療内容

一般整形外科

腰 痛、膝の痛み、首・背中の痛み、肩こり、手足のしびれ、筋肉や関節の痛みを訴えられる急性および慢性疾患の患者様や骨 折、打撲、捻挫、外傷(切り傷、刺し傷など)などのケガや熱傷(やけど)、痛風、交通事故、労働災害、小児整形外科疾患 などの患者様を診ます。頑固な疼痛に対しては、投薬やリハビリテーションと併せて神経ブロックなどのブロック治療も積極 的に行っております。その他、魚の目・水虫治療、ED(男性性機能障害)やAGE(薄毛)の薬物治療、生活習慣病のご相談にも対応させて頂きます。 pc1-a.jpg

スポーツ整形

スポーツ整形とはスポーツによって生じた運動器の障害・外傷をとり扱う診療科です。学校体育やレクリエーションレベルのスポーツからプロスポーツのレベルまでそれぞれのスポーツレベルの多様性と障害・外傷の特殊性を加味して早期スポーツ復帰を目的に、適切な治療・指導を行ないます。治療法としては装具・運動療法・リハビリ療法・手術療法などがありますが、当院では手術は行なえませんので、手術適応の患者さんは各疾患のエキスパートのいる連携病院に紹介させていただいております。

pc1-b.jpg

膝関節外来

膝関節および膝周辺の痛みを伴う疾患を扱います。変形性膝関節症やリウマチによる膝関節炎、膝周辺の腱や靭帯の炎症などの慢性障害、また、スポーツやけがによる半月板損傷や靭帯損傷などの外傷が対象です。変形性膝関節症は主に加齢などにより関節軟骨が擦り減り、関節が変形したり、破壊する病気です。治療としては、膝周辺の筋力強化、消炎鎮痛剤の内服、湿布薬の外用、温熱など物理療法、ヒアルロン酸の関節内注射などを行います。 pc1 e

骨粗鬆症外来

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)になっても痛みはないのが普通です。しかし、ちょっとしたはずみ、あるいは知らない間に背骨が骨折したり、転んだときに手首、ももの付け根、腕の付け根などの骨折が生じやすくなります。大事なのは、未来の骨折を予防するために運動・栄養・薬物療法を最大限利用して骨粗症がこれ以上進行しないばかりか弱くなった骨がより強くなるようにすることです。当院では、薬物療法として内服薬以外により効果が高いとされる注射剤投与も積極的に行い、骨折による寝たきりや死亡率の低下を目指しています。

pc j

リウマチ外来

関節リウマチは自己免疫疾患あるいは膠原病といわれる疾患群を代表する疾患です。自分の体の中にあるもの(関節を覆っている 袋の内側の壁にある滑膜という組織)に対してアレルギー反応を起こして炎症が関節に広がり、関節変形に伴う様々な機能障害を生じます。一昔前までは、不治の病ともいわれていましたが、現在では様々な抗リウマチ薬が開発され、治る病気となりました。当院でも患者様の生活スタイルに合わせて外来治療の範囲で最善の治療法を選択実施し、血液検査、レントゲン検査など定期的に検査することで全身状態の管理把握も行います。また、入院によるより高度な医療を要する場合には近隣の専門医療機関をご紹介させて頂きます。 pc1-f.jpg

リハビリテーション

ケガや病気で失われた筋・骨格の機能回復を目指して、あるいは残存能力を最大限発揮するために運動療法の指導や物理療法(温熱、電気刺激療法など)を行って、家庭復帰、社会復帰やスポーツ活動再開ができるように援助しています。また必要に応じて、義肢装具士による装具作成も行います。 pc1-d.jpg